田口食品株式会社

キャンペーンサイト

【オランジェ×森永ミルクキャラメル】期間限定キャンペーンサイトの制作

2017年2月、「オランジェ」ブランドを製造・販売する田口食品株式会社が、『森永ミルクキャラメル』とのコラボ商品「森永ミルクキャラメルのシュークリーム」など計5品を期間限定で発売しました。株式会社ユーティルは、本キャンペーン企画や商品の「認知拡大」のために制作を担当いたしました。
※参考プレスリリース:森永ミルクキャラメルとコラボした間違いないスイーツが登場!

制作背景


前提として、お客様は今回のキャンペーン商品において、窓口となるサイトを有していませんでした。そこで、簡潔に商品の魅力を伝え、かつ、インパクト性を持ったサイトを受け皿として用意したいとのご要望をお持ちでした。
そこでユーティルは、コンテンツ設計からデザイン、実装までを任せていただくことになりました。

 

PC版サイトビュー


田口食品株式会社のPC版サイト

 

スマホ版サイトビュー


田口食品株式会社のスマホ版サイト

制作工程


本件では、企画・設計およびデザインの工程が非常に重要な役割を果たしました。

まず、クライアントへのヒアリングやイメージのすり合わせからスタート
サイト構築の具体的な目的(コンバージョンのポイント)、写真素材の有無、納期などはもちろん、商品の特徴やターゲットなど。
ちなみに、こうして整理を進めていると、クライアント様ご自身も自社製品・サービスが持つ特徴に新しく気づくことは多々あります。この「気づき」をご支援するのも、ユーティルの役割であると考えています

さて。

次に、上記の情報を基にコンテンツの設計を行い、複数案のワイヤーフレームを作成しました。そのうえで、インパクト性をもたせるためのキャッチコピーの案出しへと移ります。
弊社のデザイナー紫安は、「キャッチコピーの1,000本ノック」の経験者。キャッチコピーには十分な精査が加わりました。

そして、デザイン案の作成です。キャッチコピー作成で拾い上げた商品の特長から訴求点を分類。いくつかのデザインイメージを作成し、クライアントにご提案しました。今回は、「認知」や「購買促進」が目的でしたので、インパクトを強調する案も作成しました。一部にはなりますが、下記がその案です。

 

インパクトのあるLP

 

比較的急ピッチで進める必要性があった本案件。

クライアント様のご協力もあり、無事にリリースすることができました。

 

ユーティルの想い・こだわり


本件を通して、我々は「商品を一人でも多くの方に知ってもらい、結果、一つでも多く売ること」という目的にこだわりました。

 

たとえば、当初想定していなかったSNSのシェアボタン設置をご提案。認知拡大のみならず、その先にある購買行動をより促進するためです。

また、サイト制作だけではなく、プレスリリース発信のご支援もさせていただきました。弊社岩野がプレスリリースの文章校正や手続き代行をさせていただき、結果、本キャンペーンがyahooトレンドニュースにも取り上げられるなどし、想定以上の流入を得ることができました。

 

「アクセス数が膨大でサーバーが落ちるかもしれません。」

 

このようにクライアントにご相談していた時間、チームメンバーは不安でいっぱいだったでしょう。しかし、同時に期待感や高揚感も覚えていたように思います。

それは、クライアントと目的を共有しているからであり、クライアントの損失はユーティルの損失と考えていたからです。

 

案件を無事終えた今、こう思うことができています。

 

これこそがユーティルの価値だ。これからも大事にしていこう。
業界
IT・Web
制作タイプ
LP
制作期間
約1ヶ月
デバイス
PC / タブレット / スマートフォン
当社製作範囲
サイト設計 / デザイン / 実装 / SNS拡散支援 / PR文制作支援
担当者
岩野 圭佑 / 紫安 恵太 / 藍口 康希
その他
売上増、問い合わせ増が叶ったとのお声を頂戴することができました。森永ミルクキャラメルシュークリーム。消費者としても、もう一度見たい商品です。。。笑
トップへ戻る