CS空間創造研究所(CS創研)

コーポレートサイト

【CS空間創造研究所様】コーポレートサイトリニューアル

制作背景


CS空間創造研究所様は、首都圏で「オフィスデザイン」「オフィス移転」を手掛ける会社です。

しかし、彼らが掲げるのは単なるオフィスデザインではなく「空間デザイン」。

今回制作させていただいたサービス紹介ページにある、「空間デザインの目的は、”格好よさ”、”お洒落さ”ではない。」というフレーズに見て取れるように、CS総研様は、「空間デザイン」事業で以て、既成の「オフィスデザイン」という概念に対するある種の挑戦を試みようとしていたのです。

かくして、「弊社が展開する『空間デザイン事業』を"正しく"ユーザーに伝えたい。」という想いのもと、ユーティルへとサイトリニューアルのご相談をいただいたのでした。

制作工程


本件の最重要課題は、上述したとおり「コンセプトのデザイン的表現方法」にありました。

 

Webサイトにおいて「コンセプト」を正確に表現するには、「(クライアントが)伝えること」「(制作会社が)聞くこと」が非常に重要です。

というのも、クライアントにとっては、「何度も自分の考えを制作会社に伝えることで、自分たちのコンセプトを明確化させることができる」というメリットがあり、制作会社にとっては「正確にクライアントのコンセプトを理解することができる」というメリットがあるからです。

逆に言えば、この赤裸々な関係性が無い限り、サイト制作を円滑に行うことはできないと弊社は考えます。(より正確に言えば、「綺麗なサイト」はできても、「コンセプトを正確に表現できているサイト」は不可能でしょう)

 

したがって、本件のヒアリングはより一層、慎重かつ密に行わせていただきました。

事業の肝はなにか、他社との違いはなにか、ビジョン(目指すべき姿)はなにか。

※なお、こうしたヒアリングの最中、「キャッチコピー作成」もご支援させていただきました。


こうして制作したサイト(一部)を、下記にお示しします。

サイトイメージ


PC版サイト


cs創研

cs創研2

 

スマホ版サイト(1st view)


CS総研_SP

「ユーティルに頼んでよかった」


実は、本件の制作途中ではありますが、「ユーティルに頼んでよかった」という言葉を頂戴することができました。

これは、制作後と同等、あるいは、それ以上に嬉しいお言葉でした。

というのも、自分たちが真摯に取り組んでいるその姿勢自体が伝わっているのだなと、僭越ながら思うことができたからです。

結果が大事であることはもちろんですが、それに加えて過程も見ていただければ、やはりそれ以上のことはありません。

 

いつも思いますが、一緒に貴重な時間を使って、同じ目的を目指して過ごす時間はかけがえのないものです。

結果、「こちらこそありがとうございました」と、いつも制作後に思っています。

コンセプトを大事にしたいならユーティルへ


さて、最後に。

どんなサイトにも、コンセプト(≒指針)はあります。

ただし、制作会社の立場から見て、ただコンセプトを「持っていること」と「大事にしていること」では雲泥の差があるように感じます

本件は、まさに「コンセプトを大事にするクライアント」のケースでした。

 

コンセプトを大事にしたい会社様は、是非ユーティルにお問い合わせいただければ幸いです。

今後もより一層精進して参ります。

お問い合わせはこちら >
業界
流通・小売・サービス
制作タイプ
コーポレートサイト
制作期間
2ヶ月
デバイス
PC / タブレット / スマートフォン
当社製作範囲
サイト設計 / コピー作成支援 / デザイン / コーディング / WordPress構築
担当者
岩野 圭佑 / 紫安 恵太 / 藍口 康希
トップへ戻る