ユーティルのクリエイティブが充実してきました!(会社案内&お礼状)

岩田 真 2017/9/4

Pocket

会社案内とお礼状を作成しました!

弊社ホームページとイメージを連動させて、見ていただく人に「ワクワク感」「期待感」を持っていただけるようなクリエイティブにしました!

ここに至った背景として「単純に会社案内ないから作ろう」みたいな形ではなく、「色々考えた結果、会社案内を作ることにした」というのが正しい表現のため、せっかくなのでこちらでその背景や想いを書いていきたいなあと思います。

ユーティルのWeb制作について

少し遠回りになるのですが、ここに至る背景として弊社のWeb制作の方針について触れておきます。

2015年に弊社を設立してから、最初はとにかく「いただいた仕事は全部やる・断らない」という勢いで走ってきました。そのせいでご迷惑をおかけした事もありますし、うまくいかなった事もたくさんありますが、おかげさまで順調にお客様は増え、直近ですとリピートいただくお客様も相応増えてきました。(本当にありがたいことです。いつもありがとうございます。)

その2年間の過程で感じたことは、Web制作の業界は

・言われたものだけを作る制作会社が意外と多い。

・事業的な観点で話をできる人が意外と少ない。

・「あ、受託なんだ・・・w」みたいな見られ方をすることが多い

ということです。これはクライアント側・制作会社側、双方に起因するものだとは思いますが、業界的に「多重下請け構造当たり前」「ブルーカラー化している」のを痛感しました。

弊社はその逆を完璧に言ってるというレベルではまだまだないのですが、個人的に感じたことは「あれ、これ逆にチャンスあるんじゃない?」ということです。

つまり

「事業コンサル的な立場で」、「クライアントが考えられてないことをどんどん提案して」、「ユーティルそのものをブランド化」していけば、実際の競合となる制作会社は実はかなり少ないのではないかという思いを持ちました。

そこで「少しずつでも良いから、『ユーティル』というブランドを作っていこう!」と想い至り、ブランド化していくにはまずはクリエイティブの統一。幸いデザイナーの加入でホームページをリニューアルしており、そこにはユーティルとしての想いと世界観を込めたデザインで展開してくれていたので、その空気感を他のクリエティブにもどんどん入れていこうということになりました。

ちなみに弊社本サイトはこちら

https://utill.co.jp/

株式会社ユーティルのホームページ

上記はサイトの1st view

株式会社ユーティルのホームページ

敢えて、複数の色を使用して、「様々な色の人が集まって1つのチームを作っている」ということを表現しています〜

※ブランディングの過程で会社として・事業としてのビジョンも再策定しました。そちらに関しては別途記事にしたいと思っています!

クリエイティブ作成の背景

クリエティブとしてまず最初に白羽の矢が立ったのは「会社案内」でした。当たり前なのですが、もっともお客様の目に触れるものから順に。という中で、一番最初の訪問にお見せする会社案内がチープでは、「この会社大丈夫なの?」となってしまうためです。

そこに加えて、これまで一緒にお仕事してくださったお客様にも何か伝えたい!ということで案にあがったのが「お礼状(ポストカード)でした。

ユーティルのお礼状

お礼状にも、会社案内にも表紙として使ってるクリエティブなのですが、これは

「いろんな人が集まってユーティルというチームを形成している」という意味合いで作成しました。

いろんな人とは、ユーティルで働いてくれてるメンバーはもちろんですが、お客様や、お取引にはなっていないけど仲良くしてくださる方、応援してくださる方、究極はユーティルのことを嫌いな人まで、全て集まってユーティルという1つの形になっているイメージです。

会社案内でお伝えしたいこと

会社案内を通してお伝えしたいことは

「ユーティルは単純なホームページやシステムを売る会社ではない」ということです。

もちろんWeb制作会社としてホームページやシステムは制作するのですが、言われたものだけを作っていくだけではあまりに面白くないと思っています。

ユーティルが重視するのは「成果」「期待感」です。

成果とは

「サイトやシステムを通して、事業的にどのような形を成したいか。」です。
例えばHPを制作するなら「お問い合わせを増やしたい!」「資料ダウンロードを増やしたい!」などふんわりとした目標はあるのですが、事業的に見てWebサイトの位置付けをしっかり考えられていることはあまりありません。

事業戦略上、Webからの資料ダウンロードが〇〇件あれば、売上的には▲▲くらいのインパクトを出せるので、××円くらい予算をかけましょう!とできるだけ数値的なKPIに落とし込み、それに合わせてサイトを設計していくということは当たり前なのですが、できてないところが非常に多いと感じています。

直近ユーティルからご提案させていただくプロジェクトは必ず定量的なKPIをおいて、それが事業上どういう意味を持つのかというところをご説明させていただいております。

ここはよりコンサルチックな「左脳」的発想が重要な部分かと思います。

期待感とは

プロジェクトを通して「ユーティルと仕事をすると、ワクワクする・未来が共に語れる」という部分です。

淡々とプロジェクトをこなしていくのも良いですが、「あいつら面白いやつらだから、毎週の定例ミーティングが楽しみ!」というライトなものから、「しんどいプロジェクトを乗り切った時、こんな楽しい未来が待っている」という大きな期待感まで、プロジェクトを円滑に進める上で非常に重要なファクターだと思います。

こちらに関してはアート的な「右脳」的発想が重要かと思います。

まだまだできていない部分がありますが、双方充実させられれば、きっと「ユーティルのものづくり」というところでブランディングできていくと信じています。

ユーティルの会社案内

ユーティルの会社案内

ユーティルの会社案内

今後について

今後もどんどん、クリエイティブの統一感は出していきます!

このユーティルマガジンや、弊社の実績資料など、リニューアルを画策しています。

少しでもユーティルと関わると面白そう!という想いを持っていただくために、より良いクリエイティブを作っていきたいと思っております!

会社案内・お礼状欲しいという方は是非一度一緒にお仕事をさせていただければ幸いです!

ユーティル一同全力で「最高のものづくり体験」をご提供できるように頑張ります。今後ともよろしくお願い致します!!!

Pocket

TAG

岩田 真

岩田 真

株式会社ユーティル代表。2012年に新卒で株式会社ジャフコに入社。入社から3年間投資部に配属され、数億円単位のベンチャー投資事業に従事。投資先の発掘〜精査〜投資〜価値向上に一貫して従事。2015年4月株式会社ユーティル設立。

の他の投稿をみる

人気の記事

新着記事